ご愛顧ありがとうございました。


by pizzsiz

ヤッパリガンバロウ!

しかし暑いですね。このモアーッとした感じ。

灼熱の太陽というと
夏だ海だとかそういうワクワク感より
昔ソフトテニスをしていた頃を未だに思いだします。

私はこう見えて
中学高校と練習を1日も休んだ事がないのです。
学校の授業は休んでも練習には出ていました(笑)

それはプロレスラーになりたい一心から。

勿論自主トレもしていました。
朝、マスクをして自分に負荷をかけてのロードワークだったり
縄跳びだったり、チューブトレだったり。
でもその努力は
テニスのほうで活かされてしまい、チャンピオンになっちゃった訳ですが。
メダルやトロフィーじゃなくて、ベルトにしてくれたら
もう少し自覚と執念を持てたのではないかと今は思います(笑)

夏の朝といえば
高校時代の私は寮にいて
寮とコートが近く、いつも朝一番のり。
コート整備、ネット張り、ボールラケット準備をやってから
朝練の始まる前の朝練?で
男子OBとの乱打をして、通常の朝練に突入!
そういう生活でした。
この男子との打ち合いは厳しいものがありました。
一切手加減なしだもの。
でもそんなOBに負けたくなくて、必死についていきましたわ。
そのせいで右足首がボロボロになったと言っても過言ではない(笑)

そんなわけで、救急箱は私が一番使う率が高く、
試合会場や遠征先に救急箱持っていくのは私が担当。
結構これが重いのだ。
でもテニスしていると利腕の反対が弱くなるので、
救急箱で左腕の筋トレを密かにしてた。
最終的には、ナース○○(←私の苗字)という呼び名を頂戴しました(爆)

おかげさまで、高校最後の試合は

腰にサラシを膝にサポーターを足首にはキネシオテープを

っていう状態^^;
(今でも季節の変わり目に足首痛くなります)
まあ怪我してたから、余計な力が入らず試合できたんだと思いますが。

振り返ってみて実感。
「継続は力なり」
本当にその通りだなと思うわけです。

昔の自分があって、今の自分がいて
未来の自分は、今よりも笑う時間が多く幸せになってたい
そう思うから、今頑張っている。
苦しかったり悔しかったり、
色々とストレスたまる事や悩む事あっても
正面から受け止めて、悩んでもがいて苦しんで前へ一歩踏み出して
未来の自分の肥やしなんだとそう思えるようになれて

どうやら、昔よりも踏ん張りがきく自分になれたみたいです(笑)
年を取るってのも悪くないなぁと思います。

今週も頑張っていきましょう!
[PR]
by pizzsiz | 2006-08-13 16:24