ご愛顧ありがとうございました。


by pizzsiz

久保田。

どうでしょうつながりのtahikeちゃんがじんちゃん
同世代トークを繰り広げていたら、
米米復活♪やら光GENJIやら懐かしいあの時代がよみがえる蘇る!

その流れで、今日は久保田利伸さんについて語りましょう。

そもそも久保田にハマルきっかけは、私が中学2、3年の頃。
新日本プロレスのテーマソング「Olympicは火の車」
あの歌・・・衝撃的で、頭から離れませんでしたよ。
格好よかったもん、ほんっとに。

私、高校のときにベリーショートにした時代がありまして。
可愛いとかそういうんじゃなくて、イチローみたいな頭だった(爆笑)
髪切りマッチの敗者っぽい雰囲気さえしてたね(爆笑)
まぁ望んでその短さになったわけじゃないから、余計に悲しかったのだけど。

学校内で違う学年の人にも「あぁあの角刈りの子」って言われちゃう位に
ちょっとした有名人(泣)
自分はFUNKYなんだと思い込まないとね、学校行けないくらいに短かったの(爆笑)
そういう意味でも久保田の歌には、ずいぶんと励まされましたよ。

テニスの試合にむかう車の中で必ず
「TIMEシャワーに打たれて」「流星のサドル」を聴き、テンションをあげていたり
自主トレする際のBGMとして「GIVE YOU MY LOVE」「Be wanabee」をかけていたり
恋愛に思い悩む時には「一途な夜、無傷な朝」「Indigo Waltz」「CRY ON YOUR SMILE」
八戸へでかける時には(?)「永遠の翼」「TAWAWA ヒットパレード」

当時お付き合いしていた彼がカラオケボックス(←本当にプレハブ使用のBOX・・・笑)で
「Missing」を熱唱するわけですが、ん~とそのあの・・・う~んと
もっと違うラブバラード歌ったほうが良いのでは?という結果でして。
でも、どうしても「Missing」歌いたいっていうね健気な男心に免じて?
黙って聴いておりましたが。
(そういう健気さは買いたいって思います、男気あふれる私としては・・・笑)

当時、久保田を上手に歌えるってだけで、
女の人からの視線がモテる方向へ確実に変わる。うん、そりゃあ一目置くよねぇ。
その位に久保田の歌っていうのは、凄かったわけです。はい。

日本人離れしたリズムとよく伸びる声と。ほんとうに歌うまいっす。
個人的に久保田のツアーグッズのくぼ茶が欲しいです(笑)


最近はめっきり行かないけれど、
私も17~20代前半くらいは、カラオケ行って、久保田ばっかり歌ってました。
周りから女KUBOJAH!!!と声かけられるほどに。
「Just The Two Of Us」を歌ってくれる相方を探してましたよ。
いなかったけどさ(爆笑)

というわけで次回は米米について語りたいと思います。
[PR]
by pizzsiz | 2006-05-03 20:36